生保裏.com 格安で保障の高い生命保険を公開 生保裏ドットコム

生命保険の裏事情

space

知らないと500万円は損をする 生命保険の裏事情 セミナー

space
毎月の生命保険料を少しでも安くする方法
space

事実! 生命保険の相談を受けると多くの方が大損保険に加入している。

space

生命保険って加入はしているけど、本当はよくわかりませんよね。

そうです! 多くの方は生命保険に加入はしているものの、具体的に生命保険のことをよく知りません。

本当はもっと生命保険を知りたいのに、具体的に学ぶ機会や情報少なく、毎月口座から自動的に保険料だけが引き落とされています。

生命保険について消費者が本当に知りたい情報が少ないのは、保険業法という法律があるために生命保険を販売している者が多くを語ることができないからです!

こんな私も生命保険の販売をする前までは毎月何万円も保険料を口座から自動的に引き落とされていたのに、死んでも・病気しても保険金が出ないような条件がいっぱい付いている最悪な保険に加入させられていました。

支払った保険料の総額はナント200万円以上。 あまりにも酷い内容だったので、解約して戻ってきたのは、たったの10万円程度でした。

保険会社は証券という紙切れを200万円で売っていたのと同じですから、繁華街の駅前には大きなビルが建ち並びますよね。

今はデフレの時代ですから、毎月の保険料を安くしたい! という気持ちはよく理解できますが、加入している生命保険を急いて解約してしまうと、逆に大損するハメになりますよ!

毎月の保険料を安くしたい!と言って保険外交員に相談すると、最悪なケースは、今まで毎月支払ってきた貯蓄性のある保険を解約して次の保険費用に充当する「転換」(てんかん)なんてされたことには、本当に目も当てれません。

あながた知らない間に保険会社だけを儲けさせているだけの話です!

できれば現在加入している保険の一部分だけを切り捨ててから条件のいい保険に加入するのがベストです!

space

本当にいい保険とは、保険ですから保障がしっかりとしていて、払った金額に対して、最終的に戻ってくる金額を差し引いた額によって決まります。

毎月1万円程度の保険でも、20年間支払って、1円も戻らなければナント240万円の損になります。

space

申し遅れましたが、私は過去に生命保険の募集人資格を取得し、生命保険を販売していた経験があり、現在では生命保険募集人資格を返上したことで、保険業法に触れることがなく友人や知人などの紹介で生命保険に関する相談を数多く受けてきました。

生命保険の相談を受けた場合はまず、生命保険の保険証券を見てどのような保険に加入しているのか?を判断してから相談者に対して現在どのような保険に加入しているのか?を説明してきました。

相談に来られる方が加入している生命保険の多くはは定年頃まで掛け続けると、生涯で軽く1千万円を超えるような高額な保険料を支払う契約なのに、定年を過ぎた頃には死亡しても葬儀費用も賄えないような保険金だったり、病気になりやすい年齢の頃には自動解約されるような生命保険が非常に多く存在しています。

生命保険を知っている者が見るとその契約内容は保険会社の儲けの為だけ。とも思えるような酷い内容ばかりです。

一般的にはこんな生命保険のことを私は大損保険と呼ばれていますが、こんな酷い内容の生命保険に加入した経緯を聞くと、厄介なことに親戚や友人からの加入や誰かの紹介だったりと、生命保険は人との繋がりによって加入しているケースが殆どです。

人の繋がりで加入しているからこそ、この人からなら大丈夫!との安心感だけで生命保険に加入しているから、保険会社が儲かるように都合のいい販売教育しか受けていない友人・知人の営業が大損保険を売ってしまうという。という悲しい現実があります。

space
あなたの保険は大丈夫ですか?
space

お得な生命保険とはどのようなものなのか?

お得な生命保険とは、同じ金額の保険料であっても、保障が厚い商品であったり、しっかりとリスクヘッジができている保険のことです。

また死亡保険であれば、死亡原因に関わらず保険が出る上に、老齢期に入った時期に解約すると毎月支払ってきた保険料が利息まで付いて返ってくるような事実上タダの保険がいい保険といえます。

その逆に大損保険といわれる保険は、死亡保険に加入しているのに、事故死以外は出ない。または大幅に少ない保険金しか出ないような保険であり、保険医療保険では病気で入院しても殆どでない保険のことです。

space
生命保険は本当は簡単な仕組み
space

生命保険の仕組みは本当は簡単なのに、保険用語や医療用語に加えて金融用語まで加わっていることで難しく感じております。

そこで一般消費者を対象に「知らないと500万円は損をする 生命保険の裏事情」というタイトルの生命保険セミナーを開催しました。

セミナーでは生命保険を全く知らない方でも理解できるように、保険用語を一般用語などに変えて解説すると、生命保険とはこれほど簡単なものだったのか?

と驚いていたと同時に、今までどれほど生命保険で損をしてきたのか?を悔しがっていました。

今の時代は保険の自由化で契約者が自己責任において保険を勉強し、加入しなければいけない時代なのです!

space生命保険を知り、自分で設計するメリット
space

一般的に保険営業が奨めてくる内容は手数料率が高い商品ばかりです。

当然ですが、営業の手数料率が高い商品とは、生命保険会社や代理店・営業が儲かる商品で、契約者にとっては大損する可能性が高い商品だといえます。

生命保険で損をしない契約の仕方は、生命保険を自分で設計し、それを元に保険営業に見積もりをさせるのが一番いい方法です。

しかし、生命保険を自分で設計するなんて不可能だ!と思っても不思議ではありません。

space
無償でプロの専門家がアドバイスする
space

そこで今回は生命保険を全く知らない人で理解できた。との評判の
「知らないと500万円は損をする 生命保険の裏事情」セミナーDVDと生命保険のプロが無償でアドバイスする。という特典付きです。

このDVDを観ていただくだけで生命保険の仕組みと法律について保険を全く知らない人でも理解できるように解説しており、ご自身の保険証券を見てどのように改善したらいいのか?が不明な場合のサポートも万全に行っております。

space
space
ご注文

PageTop




HOME - 収録内容 - お客様の声 - プロフィール - メルマガ - ご注意!

会社概要 - お問い合わせ - プライバシーポリシー - 特定商取引法に基づく表記 - サイトマップ